メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

事故があった現場=大阪市北区で2020年10月23日午後7時18分、久保玲撮影

 23日午後5時50分ごろ、大阪市北区角田町の商業施設「HEP FIVE(ヘップファイブ)」(地上10階建て)で男性が転落し、路上を歩いていた女子大学生(19)=兵庫県加古川市=に衝突した。2人は病院に運ばれたが、男性が死亡、女子学生は意識不明の重体。死亡したのは大阪府内に住む府立高校の男子生徒(17)で、府警曽根崎署は、男子生徒が屋上から転落して女子学生が巻き込まれたとみている。

 曽根崎署によると、施設の屋上にトートバッグが残されており、男子生徒の学生証が入っていた。遺書などは見つかっていないという。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです