特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

任命拒否の4人「明らかに違法、首相は任命義務果たせ」記者会見で抗議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相が任命しなかった日本学術会議の会員候補6人のうち4人が23日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見し、「明らかな違法行為で、菅首相は任命義務を果たすべきだ」などと抗議するとともに、学問の自由や学術会議の独立性を脅かすことにつながると訴えた。参加しなかった2人も首相を批判するメッセージを寄せた。

 任命を拒否された6人が一緒に意見を表明するのは今回が初めて。岡田正則・早稲田大教授(行政法)と松宮孝明・立命館大法務研究科教授(刑法)が出席し、芦名定道・京都大教授(キリスト教学)と小沢隆一・東京慈恵会医科大教授(憲法)はオンラインで参加。東大の宇野重規教授(政治学)と加藤陽子教授(日本近代史)は所感を文書にまとめた。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文932文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集