メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府分科会、年末年始の休暇分散呼びかけ 西村担当相、企業に協力促す

西村康稔経済再生担当相=滝川大貴撮影

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)は23日、年末年始の休暇を前後に延ばすなど、政府や企業に分散取得を促す提言をまとめた。年末年始に人出が集中する機会を減らし、感染リスクを下げるのが狙い。西村康稔経済再生担当相は同日の記者会見で、来年1月11日まで休みを延ばすといった措置を含めて企業に協力を促す考えを示した。

 年明けにかけての感染拡大を防ぐため、分科会は政府に対して、年末から年明けに集中しがちな休暇を分散させるほか、年末年始の前後でまとまった休暇を取得することを国家公務員に奨励するよう提言した。同時に経済団体や地方自治体にも、政府と同様の休暇の取り方を呼びかける。政府の打ち出した消費喚起策「Go Toキャンペーン」事業でも年末年始に人の流れが集中しないよう、人数や時期、行き先を分散する「小規模分散型旅…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の受験生、トイレに立てこもり警察が出動 注意されせき込む仕草も

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 新型コロナ、10年後には死亡率インフルエンザ以下に 米大学研究チームが試算

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか主演『天国と地獄』初回16.8%の好発進

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです