メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府池田市長が役所内にサウナ持ち込み使用 「体調管理のため」 運動器具も

謝罪記者会見をする冨田裕樹・大阪府池田市長=池田市役所で2020年10月23日午後3時45分、平川義之撮影

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が市役所の市長控室に、私物の簡易サウナや自転車型運動器具などを持ち込んで使用していたことが判明した。冨田市長は23日記者会見し、「体調管理のためだった」と釈明したうえで「法的に問題はないとはいえ、市民感覚を失っており、猛省している」と陳謝した。

 ニュースサイト「デイリー新潮」が報じて発覚した。冨田市長によると、サウナなどは3階にある市長室近くの三つの小部屋や通路に設置。元々は更衣室などで現在は「市長控室」として市長が仮眠や昼食、体調管理のための部屋として使っていたという。

 冨田市長は市議を経て2019年4月の市長選で大阪維新の会から出馬して初当選。同年夏ごろ、「体調管理のためなら問題ない」と判断して運動器具などを持ち込んだ。20年9月中旬には自宅にあった簡易サウナを事務所スタッフとともに搬入し、3日に1回ほどの頻度で昼休みに使っていたという。「学生時代にアメフトをしていて腰椎(ようつい)椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどで腰などを痛めており、リハビリなどのためだっ…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです