メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代への遺言~私が見た戦争

/2 大島満吉さん(84) 母は妹を手にかけた 「悲劇の歴史、風化させない」

 「絶望した母は妹の喉に軍刀をあてがい、『ごめんね、お母さんもすぐ行くからね』と言って突いてしまいました」

 太平洋戦争の終戦直前、旧満州(現中国東北部)に侵攻したソ連軍の戦車部隊の攻撃や自決で1000人以上の日本人が犠牲になった葛根廟(かっこんびょう)事件。東京都練馬区の大島満吉さん(84)はわずか百数十人の生存者のひとりだ。

 事件が起きたのは1945年8月14日の正午前。満州北西部の興安街(現中国内モンゴル自治区ウランホト市)から逃れた日本人避難民が、チベット仏教寺院「葛根廟」に向かう途中だった。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  2. 大阪で新たに383人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  3. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  4. 政治資金、自民収入244億円で首位 企業献金は微減 政治団体支出22%増

  5. コロナで変わる世界 <仕事編 インタビュー>藤田孝典さん 生活保護は受けていいとの認識浸透させられるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです