メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(3)菊花賞 尾花栗毛に夢中 バビット

2019年の菊花賞を制したワールドプレミア=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー"こと中嶋真希記者がGⅠシリーズ計12戦を予想します。第3弾は、クラシック3冠最終戦の菊花賞(京都3000メートル、25日午後3時40分発走)。圧倒的な強さを誇るコントレイルが史上3頭目の無敗の3冠馬になれるか注目されていますが、競馬担当30年、師匠の松沢一憲記者は、「逆転Vもあるぞ」と期待。一方、真希バオーはある馬にホレてしまい……。【中嶋真希】

 「今年も京都競馬場に、二本松の菊が展示されます」。真希バオーのもとに、福島県二本松市出身の田辺裕信騎手の父、敏勝さんからメールが届いた。敏勝さんは師匠の飲み友達で、弟子の真希バオーも大変お世話になっている。二本松は、菊のまちで、敏勝さんは「日本一の菊を菊花賞で展示したい」と尽力。2017年からクラシック最終戦にあわせて京都競馬場での展示が始まった。

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  4. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです