メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海王星に青酸ガスの帯 東大チーム、望遠鏡で電波解析

 太陽系で最も遠くに位置する海王星の赤道付近の上空に、猛毒の青酸ガスとして知られる「シアン化水素」が帯状に分布していることを東京大などの研究チームが発見し、米科学誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ」に発表した。

 電波を観測する南米チリのアルマ望遠鏡を用いて、太陽から約45億キロ離れた天体の大気のごく微量の成分を捉えた成果で、チームはこの手法が惑星の大気環境の解明につながるとしている。

 約164年かけて太陽の周りを1周している海王星は地球から遠く、探査機による観測の機会が少ない。直径は地球と比べて約4倍、質量は約17倍。これまで大気中にシアン化水素の存在は確認されていたが、どう分布しているか分かっていなかった。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. 「波に乗れた」西部ガス、芽生えた自信 村田1失点完投 鷺宮製作所に競り勝つ 都市対抗

  3. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです