メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・歌謡ラボ

神野美伽「泣き上手」

神野美伽さん

 <楽庫(らっこ)>

 「コロナ自粛は人生を見つめ直す機会になった。そこで自分の弱さに気付いた」と振り返るのは神野美伽である。神野は、今年元日に首に違和感を覚え、頸椎(けいつい)の病気が判明。3月初めに2日間にわたる手術を行った。退院したらコロナ禍による自粛期間。「もう歌えないかも、というところまで落ち込んだ」と明かす。

 だが、4月にアコーディオンの桑山哲也からYouTubeで歌うことを勧められた。自宅から「オーシャンゼリゼ」を自作詞で歌った。「歌は厳しい仕事だけど一番好きなこと。歌うことで自分が慰められた。気力がよみがえった」と大きな転機だったことを語る。その後、米国の歌仲間ジャニス・シーゲルらと同時配信ライブも行い、徐々に活力を上げていった。新曲「泣き上手」(松井五郎詞、都志見隆曲、キング)はそんな中作った、…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです