メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナウイルス「長生き」 インフルの5倍、皮膚上で9時間 京都府立医科大研究グループ

 新型コロナウイルスの人の皮膚の表面での生存期間は約9時間で、インフルエンザウイルスの約5倍も「長生き」すると、京都府立医科大の広瀬亮平助教(感染症学)らの研究グループが発表した。また、一般的な消毒液と同じ濃度のエタノールに新型コロナウイルスを浸したところ、15秒間で完全に不活性化した。広瀬助教は、手洗いやアルコール消毒の徹底を呼びかけている。

 グループによると、新型コロナとインフルエンザA型のウイルスを皮膚の表面に塗ったところ、新型コロナは約9時間、インフルエンザは約1・8時間、それぞれ活動が継続したのを確認した。研究では被験者が感染しないよう、法医解剖の献体から採取した皮膚を使用した。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです