特集

第100回高校ラグビー 関商工(岐阜)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する関商工(岐阜)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県大会、あす決勝 関商工 連覇へ パスつないで/岐阜工 王座奪還を 前へ前へ /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
各務原との準決勝で、インゴールに迫る関商工の選手=岐阜市の長良川球技メドウで2020年10月18日、熊谷佐和子撮影
各務原との準決勝で、インゴールに迫る関商工の選手=岐阜市の長良川球技メドウで2020年10月18日、熊谷佐和子撮影

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会県大会(県高体連主催、毎日新聞社など後援)は25日、岐阜市の長良川球技メドウで決勝がある。3連覇を狙う関商工に、3年ぶりに王座奪還を目指す岐阜工が挑む。両校が決勝でぶつかるのは7年連続45回目。午後1時35分にキックオフする。【井上知大】

 関商工は、俊足のBK上野颯汰(そうた)主将(3年)を中心に、どの位置からでも点を取りにいける。上野主将には岐阜工の徹底マークが予想され、準決勝の各務原戦で3トライを決めたFW長縄天翼選手(3年)や、昨年のU17東海代表に選ばれたBK中村海斗選手(3年)らがどうゲームメークできるかが鍵を握る。井川茂雄監督は「パスでつないで伝統の『展開ラグビー』をしたい。…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文799文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集