連載

人と知恵がつなぐ

作家、写真家、ドキュメンタリー映画監督の大西暢夫さんが長年の取材で見えてきた社会の「大きな円」を描きます。

連載一覧

人と知恵がつなぐ

/6 青森・田子の鍛冶屋 漆カンナ 夫婦で打ち続け /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 カンキンカンキンと、音質の違う金属音が交互に響く。青森県田子(たっこ)町の鍛冶屋さんだ。個性的な形をした漆カンナを打っている音だ。

 鍛冶屋の中畑文利さんと和子さんは、長きにわたり夫婦で漆カンナを打ち続けてきた。「昭和45(1970)年ごろまでこの地域でも10軒ほどの鍛冶屋があったんだが、今は自分のところ1軒になってしまったな」

 文利さんが続ける。「50代の頃、鍛冶屋だった父親の偉大さを感じてね。基本的な道具の形は、見よう見まねでもできるのだけど、それを使う職人のこだわっている意味を考えないと、その先にはいけない。鍛冶屋ってものは、山や農家の仕事、料理人が使う包丁など一番大切な道具を作っているんだ」

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1236文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集