メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水稲作付面積2~3割でウンカ被害 JAが市に支援要望 県西部3市 /山口

トビイロウンカの被害を受けた長門市内の田=同市提供

 県内で過去最悪の被害をもたらしている稲の害虫「トビイロウンカ」により、各地のJAが自治体に支援を求める事態になっている。特に、県西部の長門、美祢、下関各市の農家が大きな打撃を受けており、厳しい状況だ。

 JA山口県長門統括本部は22日、長門市の江原達也市長に被害の支援を求める要望書を提出した。市内で水田1枚が枯れる「全面枯れ」が目立ち、収入の激減で法人などの経営危機が懸念される現状を訴え、経営支援などを求めている。市によると、市内の約1500ヘクタールの作付面積のうち、20日現在で2割超の約330ヘクタールで農業共済の被害届が出ている。2019年度は52ヘクタールで、市全体の作付面積の約3・4%にとどまっていた。

 市役所で要望書を提出した同本部の藤井勝志(まさし)理事は「農業は高齢化が進んでいる。農業を続けられるよう対策をお願いしたい」と訴えた。江原市長は「しっかり支援を検討したい」と述べ、12月の定例市議会に対策を盛り込んだ議案を提出する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです