九州地区高校野球 16校対戦カード決定 長崎で31日開幕 全試合無観客 /鹿児島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
  拡大
 

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる第147回九州地区高校野球大会の組み合わせが決まった。大会は31日~11月5日、長崎県営球場(ビックNスタジアム)と長崎県諫早市第1野球場で開かれ、各県大会を勝ち上がった上位2校の計16校が出場する。全試合無観客で実施される。

 今夏の2020年甲子園交流試合に出場したのは大分商と明豊の大分2校。初出場の具志川商(沖縄)や25年ぶり出場の開新(熊本)にも注目が集まる。【吉見裕都】

あわせて読みたい