メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

国立公園でワーケーションって? コロナ影響、訪問者激減 「仕事+自然満喫」PR=回答・信田真由美

尾瀬国立公園。環境省は国立公園での「ワーケーション」を進めている=手塚耕一郎撮影

 なるほドリ 国立公園に滞在しながら仕事をしてもらおうという動きがあると聞いたよ?

 記者 環境省が進める「国立公園でのワーケーション」のことですね。「ワーク」(仕事)と「バケーション」(休暇(きゅうか))を組み合わせた造語(ぞうご)で、旅行先でリフレッシュしながら仕事をする過ごし方です。新型コロナウイルス感染症の影響で、インターネット環境を整えて自宅など職場以外で働くテレワークが普及(ふきゅう)しており、仕事で滞在する人向けプランを用意するホテルや旅館も増えています。環境省は、その普及の流れに乗ることを思いついたのです。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです