連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

国立公園でワーケーションって? コロナ影響、訪問者激減 「仕事+自然満喫」PR=回答・信田真由美

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
尾瀬国立公園。環境省は国立公園での「ワーケーション」を進めている=手塚耕一郎撮影
尾瀬国立公園。環境省は国立公園での「ワーケーション」を進めている=手塚耕一郎撮影

 なるほドリ 国立公園に滞在しながら仕事をしてもらおうという動きがあると聞いたよ?

 記者 環境省が進める「国立公園でのワーケーション」のことですね。「ワーク」(仕事)と「バケーション」(休暇(きゅうか))を組み合わせた造語(ぞうご)で、旅行先でリフレッシュしながら仕事をする過ごし方です。新型コロナウイルス感染症の影響で、インターネット環境を整えて自宅など職場以外で働くテレワークが普及(ふきゅう)しており、仕事で滞在する人向けプランを用意するホテルや旅館も増えています。環境省は、その普及の流れに乗ることを思いついたのです。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文772文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集