メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・なつかしい一冊

荒川洋治・選 『運命』=国木田独歩・作

絵・寄藤文平

 (岩波文庫 660円)

 中学のとき、<少年少女日本文学選集>の第八巻『国木田独歩名作集』(あかね書房)で、「馬上の友」「画(え)の悲(かなし)み」を見つけた。ぼくの最初の読書だと思う。いまは岩波文庫の作品集『運命』に収録。懐かしいのでよく読み返す。

 「馬上の友」は一五歳のときの、「かし馬」の家の友だち。彼は貧しくて学校に行けない。こちらは遠くの学校へ進むことになり、彼は馬に乗って見送ってくれる。もうここでいいから、というと、「もすこし」。そのあと無言で別れる二人の姿はいまも鮮やか。胸にせまる。「画の悲み」の少年は負けず嫌い。同じく画が上手で、性格温順な友だちのことが好きではない。ある日、画をかいている彼と、ことばを交わす。「君は何を書いて居るのだ」。二人はそれから、だいの仲良しになる。いっしょに画をかきに、野原を歩く。歳月が流れ、彼が一七歳で病死したと知り、ともに歩いた野末に行き、涙を流す。ふとしたことで…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  2. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  3. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです