メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『「第二の不可能」を追え!…』=ポール・J・スタインハート著、斉藤隆央・訳

『「第二の不可能」を追え! 理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ』

 ◆『「第二の不可能」を追え! 理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ』

 (みすず書房・3740円)

不可能を可能にした30年

 三五〇ページほどの本を読み終えパタンととじた時の爽快感は格別だった。研究はこうでなくっちゃ。どうしても知りたいことを三〇年以上かけて、しかも補助金なしでやり遂げたのだ。宇宙論が専門の著者は、確立した科学原理の一つに抜け道を見つけ新しいタイプの物質(準結晶)を作り出せるという画期的概念を生み、発表した。「ありえない!」。会場にR・ファインマンの声が響いた。彼は時に、「おお! ふつうは正しいとは思えない意外なことだ。よく知る価値があるぞ!」という意味でこの言葉を発する。不可能には「1+1イコール3」のように決してありえないことの他に、前提が必ずしも正しくないために不可能とされているものがある。事と次第によっては可能となる不可能だ。

 著者らが挑んだ結晶学の原理の一つに「原子の周期的な並びは対称性で分類でき、対称性の数は限られる」がある。タイル貼りでわかるように対称性は一、二、三、四、六回しかなく、五回と七回以上はありえない。著者はこの規則に異を唱えたのだ。「異なるまとまりが異なる間隔で繰り返される」ことがあるとして、これを「準結晶」と名付けたのである。著名な物性物理学者、材料科学者からは「数学的には可能かもしれないが、実在す…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪万博 招致戦略の見直し急務 150カ国参加目指すもコロナで「白紙」に

  2. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  3. 大阪で新たに318人感染 300人超は2日ぶり 新型コロナ

  4. 首相、医師会長に「全力でやる」 官邸で面会 医療体制逼迫など訴え

  5. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです