メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『シークレットサービス レーガン大統領の命を救った男』=ジェリー・パー著、立花昌雄・訳

『シークレットサービス--レーガン大統領の命を救った男』

 (中央公論新社・2200円)

 米国の大統領やホワイトハウススタッフらを警護するシークレットサービス。映画にも登場する職業だが、仕事の内容が内部にいた人間によって語られるのは珍しい。

 電線保安員だった著者は1962年から85年まで在籍し、幹部に上り詰めた。「世界で最も狙われる人物」らを警護するのは、常に「死」を意識することだった。

 63年11月のケネディ大統領暗殺事件は、全ての警護官に敗北感を埋め込む象徴的記憶となった。「何百万人の投票を無効にする銃弾を許すことはできない」との思いを抱く中で起きたのが、81年3月にレーガン大統領がワシントンのヒルトンホテル前で狙撃された事件である。

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. NY株が史上初の3万ドル台突破 大統領選巡る不透明感後退を好感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです