日本人宇宙飛行士、13年ぶり募集 月周回・着陸想定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
将来の月面基地のイメージ=JAXA提供
将来の月面基地のイメージ=JAXA提供

 文部科学省は23日、米国主導で建設予定の月周回宇宙ステーション「ゲートウェイ」への搭乗や月面着陸を前提に、2021年秋ごろをめどに若干名の日本人宇宙飛行士を募集すると発表した。日本人飛行士の新規募集は08年以来13年ぶり。より多くの人が計画的に応募できるようにするため、今後は約5年に1度のペースで募集する。

 米国は24年に米国人飛行士を月面に着陸させ、ゲートウェイを拠点に継続的に月面開発する「アルテミス計画」を進める。日本も計画に参画予定で、同省は日本人飛行士が25年以降にゲートウェイに滞在、28年以降に月面着陸できる機会があるとみている。今回選抜される飛行士は、月面に立つ初めての日本人になる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文559文字)

あわせて読みたい

注目の特集