メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「楽園」の光と影~タイのLGBT

仏教の教えと「お金」が「LGBTの楽園」を作った?

タイ中部サメット島のビーチ。「ゲイアイランド」と呼ばれ、人気を集めている=2020年8月30日午前10時20分、高木香奈撮影

 タイの首都バンコクからバスとスピードボートで約4時間。タイ中部サメット島は「ゲイ・アイランド」と呼ばれ、世界各国のLGBTなど性的少数者に人気のリゾート地だ。透明度の高いヒスイ色の海に、白砂のビーチが映える。「トゥブティムホテル」のオーナー、ウィティパさん(48)は言う。「週末は宿泊客の99%が同性カップルだったこともある。ここはとても自由で、性でお客さんを区別しません」。タイ政府職員のタナラットさん(51)は長年の常連客だ。土曜の昼にバンコクから同性の恋人や友人と訪れ、1泊して帰るのが定番だ。「安全で、自分の家のようにリラックスできるんだ」

 タイは、他国から「LGBTの楽園」と呼ばれる。バンコク中心部の「シーロムソイ2」では、狭い路地にバーやクラブがひしめき、週末は各国のLGBTの人々で遅くまでにぎわう。中部パタヤは、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの美しさを競うコンテストがあることで有名だ。

 観光立国であるタイは2012年、「LGBTツーリズム」に本腰を入れ始めた。キャッチコピーは「Go Thai.Be Free.(タイに行って、自由になれ)」。タイ政府観光庁のシースダー副総裁はこう強調する。「LGBT向けの商品を作り出す必要はなかった。タイ社会のLGBTへの寛容さが売り物なのだから」。観光庁によると、19年の観光収入のうちLGBTから得られたとされるのは約65億ドル(約6700億円)。LGBTによる観光費の支出先として、タイは米国、スペイン、フランスに次ぐ世界4位だという。

 なぜ、タイはLGBTに…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文1343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです