搬送中の救急車が脱輪、到着14分遅れる 女性死亡 秋田・北秋田市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 秋田県の北秋田市消防本部は23日、心肺停止状態の女性(82)を搬送中に救急車が脱輪し、搬送先に着くのが14分遅れたと発表した。女性は病院で死亡した。消防本部は、女性の死亡と搬送の遅れとは無関係と担当医師が判断しているとしている。

 消防本部によると、同日午前6時半ごろ、持病で自宅療養中の女性が意識や…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

あわせて読みたい

ニュース特集