メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城・つくば市長選、投票したら「選挙割」コロナに苦しむ飲食店応援も 筑波大生ら

「楽しんで投票に来て下さい」と呼びかける金龍泰さん(左)と田辺渓太さん=毎日新聞つくば支局で

 茨城県つくば市長選と同市議選の投票率をアップさせようと、筑波大生らが、投票すると市内の飲食店などで特典を受けられるキャンペーンを展開している。コロナ禍での売り上げ減に苦しむ店の応援にもつながり、「一石二鳥」の効果を狙う。リーダーの筑波大3年、金龍泰(キムヨンテ)さん(22)は「投票を楽しんでもらえれば」と話している。

 メンバーは、全国の大学生らが若年投票率の向上を目指して活動する「NPO法人ドットジェイピー」のつくば支部が中心。「投票をきっかけに政治に関心を」(同大2年、田辺渓太さん)との狙いから、「選挙割」と呼ばれるキャンペーンの実施を決めた。

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです