メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

校則について、ウェブ会議システムを使った公聴会で生徒や保護者らと意見を交わす熊本市教委の遠藤洋路教育長=熊本市中央区千葉城町の市教育センターで2020年10月22日午後4時27分、清水晃平撮影

 「日焼け止めの禁止」「教室で防寒着を着てはいけない」「水筒に氷を入れてはいけない」……。こんな校則やルールが熊本市立の小中高校で設けられていることが、市教委が初めて校則について児童生徒や保護者、教職員に聞いたアンケートで分かった。小学生(4~6年)の30・3%、中学生の34・7%、高校生の46・2%が「校則の見直しが必要」と答えた。アンケート結果と生徒らが意見を述べた公聴会などを踏まえ、市教委は年度内にも校則の「見直し方針」を策定する考えだ。

この記事は有料記事です。

残り1753文字(全文1977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです