メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わざおぎ登場

松本白鸚さん「一條大蔵譚」を語る 愚かなふりで身を守る公家 現代に通じる深い話=完全版

松本白鸚さん=藤井太郎撮影

 「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」は、平家全盛の世に、わざと愚かなふりをして人々の目をくらまし続ける公家、一條大蔵長成を主人公にした作品である。

 享保16(1731)年初演の人形浄瑠璃「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)」の四段目部分。歌舞伎化され、ことに明治以降、ひんぱんに上演される人気作品となった。自分の身を守るために優れた資質を隠し通して生きざるを得ない人物を演じることは、俳優の意欲をそそるだろうし、観客の側としてもその意外性がおもしろい。

 東京・歌舞伎座「吉例顔見世大歌舞伎」(11月1~26日)第三部では、松本白鸚さんが大蔵卿を演じる。母方の祖父、初代中村吉右衛門があたり役とした。

約半世紀の経験を重ね演じる

 白鸚さんは初代吉右衛門の弟、十七代中村勘三郎の教えを受け、1972年12月に東京・帝国劇場で初演したが、2度目に演じたのは、それから時を経ての2019年1月の歌舞伎座。二代目白鸚襲名の翌年であった。

 「(九代松本)幸四郎から白鸚になったのを契機に、昔演じた役をもう一度勉強し直してみようと思いました。47年前に演じた際の台本の書き込みをもとにしました」と振り返る。

 白鸚さんは「王様と私」「ラ・マンチャの男」などのミュージカルや「アマデウス」など現代劇でも優れた演技を見せてきた。

 「そういう状態で約50年を過ごしてきた自分が大蔵卿を演じる。その気持ちがすべてです」と思いを明かす。

「ミステリー劇を見ているよう」

 平治の乱で、源義朝が敗れた後の物語だ。大蔵卿は時の為政者の平清盛に自身の愛人、常盤御前を妻として押しつけられた。常盤御前は元は…

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3544文字)

小玉祥子

1985年入社。東京学芸部専門編集委員。現在の担当は演劇、古典芸能。著書に「芝翫芸模様」(集英社)、「二代目 聞き書き中村吉右衛門」(朝日文庫)など。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです