メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」田部井監督インタビュー

”ぺぺ”という愛称で国民に親しまれたホセ・ムヒカ氏(c)2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

 2010年3月から15年2月末までウルグアイの大統領を務め、“世界一貧しい大統領”として日本でも話題になった、ホセ・ムヒカ氏(85)の姿を追ったドキュメンタリー映画「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」(20年)が、現在公開中だ。「世の中は変わっても、ムヒカの言葉は時代の変化に耐えうる強さがあると思います」。そう力強く語るのは、ウルグアイに5回訪れ、自身の子どもに「ほせ」と名付けるほどムヒカ氏にほれ込んだ同映画の監督で、フジテレビ社員の田部井一真(かずま)さん(37)だ。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り1932文字(全文2184文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. フィギュア界のサラブレッド躍動 新王者・鍵山 羽生以来の17歳 NHK杯

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです