特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

最後の黒獅子追い求め 拠点集約の三菱重工広島、初戦は日鉄鹿島 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【三菱重工広島-伯和ビクトリーズ】八回表三菱重工広島2死満塁、左翼線に2点適時打を放って一塁ベース上で喜ぶ青木(右)=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月2日、山口敬人撮影
【三菱重工広島-伯和ビクトリーズ】八回表三菱重工広島2死満塁、左翼線に2点適時打を放って一塁ベース上で喜ぶ青木(右)=東広島市の東広島アクアスタジアムで2020年10月2日、山口敬人撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が24日、東京都内で行われ、広島市・三菱重工広島は第4日の11月25日、第1試合で鹿嶋市・日本製鉄鹿島と対戦することが決まった。

 今季限りで活動を終える広島市・三菱重工広島は、3年ぶり17回目の本大会で有終の美を飾る戦いに臨む。町田公二郎監督は「負けた時点で活動が終わってしまう。一番上を目指して、一日でも長く重工広島のユニホームを着て戦いたい」と力を込めた。

 1946年創部。…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文506文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする