特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗100勝まであと1勝 復活誓う名門・ENEOS、初陣は東邦ガス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ENEOSの小豆澤選手=横浜スタジアムで、西夏生撮影
ENEOSの小豆澤選手=横浜スタジアムで、西夏生撮影

 第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が24日、東京都内で行われ、2012、13年に連覇した横浜市・ENEOSは第2日の11月23日、第3試合で名古屋市・東邦ガスと対戦することが決まった。

 史上最多11回の優勝を誇る名門、横浜市・ENEOSが5年ぶりに本大会に戻ってきた。今季からチーム名が変わり、6季ぶりに大久保秀昭監督が就任。11回のうち3度の優勝に導いた経験があるが「一戦必勝で戦い、はつらつとしたプレーを見せたい」と挑戦者の気持ちで挑む。

 初戦で当たるのは4年連続14回目の出場の名古屋市・東邦ガス。…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文517文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする