秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 日本航空、健闘及ばず 東海大甲府きょう初戦 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本航空-健大高崎】四回裏の守りでマウンドに集まる日本航空の選手たち=千葉市のZOZOマリンスタジアムで2020年10月24日、大矢伸一撮影 拡大
【日本航空-健大高崎】四回裏の守りでマウンドに集まる日本航空の選手たち=千葉市のZOZOマリンスタジアムで2020年10月24日、大矢伸一撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は24日、千葉市のZOZOマリンスタジアムと千葉県柏市の柏の葉公園野球場で開幕した。山梨2位で5年ぶり8回目出場の日本航空はZOZOマリンスタジアムの第1試合で昨年優勝の健大高崎(群馬1位)に1―6で敗れた。

 山梨1位で2年ぶり20回目出場の東海大甲府は25日、柏の葉公園野球場で細田学園(埼玉2位)と対戦する。【大矢伸一】

満塁機生かせず

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽1回戦

日本航空

  000000001=1

  00220002×=6

健大高崎

 日本航空は二、三回の満塁機を生かせず、主導権を握れない。すると、先発左腕・山形が三回、3連打をきっかけに2点を失い、四回は2ランを許した。六回以降も好機を作ったが、九回に久次米の二塁打を足場に1点を返すにとどまった。


日本航空・久次米陸士(くじめ・りくと)主将(2年)=千葉市のZOZOマリンスタジアムで2020年10月24日、大矢伸一撮影 拡大
日本航空・久次米陸士(くじめ・りくと)主将(2年)=千葉市のZOZOマリンスタジアムで2020年10月24日、大矢伸一撮影

 ■ズーム

先制機の凡退、悔やむ 日本航空・久次米陸士(くじめ・りくと)主将(2年)

 長打2本を含む3安打を放ったが、唯一凡退した打席を悔しがった。

 「ああいう場面でヒットを出せるようにならないと」と唇をかんだのが、三回2死満塁の先制機だ。健大高崎の先発・野中の投球に食らいつき、ファウルで粘ったものの、最後は内角直球で一ゴロに打ち取られた。

 4点を追う六回の打席は併殺で走者がいなくなった場面で迎えた。「3人で終わるとずるずる行ってしまう」と真ん中のスライダーを捉え、右中間を破る三塁打とした。先頭の九回には左越え二塁打を放ち、後続の内野ゴロ二つで生還した。「1点を返せたのは今後につながると思う」

 1年夏からレギュラーをつかみ、新チームでは主将に就いた。豊泉監督は「目配り、気配りでき、チームを引っ張っていく自覚がある」と評価する。

 「健大高崎の選手は体が大きい。自分たちももう一回り体を大きくしたい」と関東大会の初戦敗退から課題を見いだした。【大矢伸一】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい