秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 開幕 県勢2代表、準々決勝へ 英明、投打で圧倒 高松商、猛攻11安打 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【英明-徳島北】一回表英明1死一、二塁、池本が右前に先制適時打を放つ=高知市の高知県立春野球場で2020年10月24日、山口敬人撮影 拡大
【英明-徳島北】一回表英明1死一、二塁、池本が右前に先制適時打を放つ=高知市の高知県立春野球場で2020年10月24日、山口敬人撮影

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は24日、高知市の県立春野球場と同市営球場で開幕し、1回戦4試合が行われた。高知中央(高知3位)はエース右腕の好投で松山城南(愛媛2位)に快勝、英明(香川2位)は徳島北(徳島3位)を投打で圧倒した。小松(愛媛3位)は終盤に鳴門渦潮(徳島2位)を突き放し、高松商(香川3位)は高知(高知2位)の本格派右腕を打ち崩した。勝者は25日の準々決勝に駒を進めた。【北村栞、山口敬人】

 ▽1回戦

 【高知県立春野球場】

松山城南

  000000000=0

【高知-高松商】七回裏高松商1死三塁、藤井の犠飛で4点目=高知市の市営球場で2020年10月24日、北村栞撮影 拡大
【高知-高松商】七回裏高松商1死三塁、藤井の犠飛で4点目=高知市の市営球場で2020年10月24日、北村栞撮影

  10030001×=5

高知中央

 (松)照屋―佐藤

 (高)吉岡―小松

▽三塁打 小松(高)

 高知中央は一回、八山の中前打で先制。四回には小松の2点三塁打に続き、吉岡も適時打を放って主導権を握った。吉岡は低めの変化球がさえ、2安打完封。松山城南は照屋が被安打6と粘ったが、援護できなかった。

英明

  10001401=7

  00000000=0

徳島北

 (八回コールド)

 (英)石河、寒川-河野

 (徳)秋元-荒木

▽三塁打 徳永(英)

▽二塁打 逢沢、池本(英)

 英明は一回、池本の適時打で先制。六回には徳永の適時三塁打からの4連打などで4点を奪って突き放した。先発・石河は6回2安打無失点。徳島北は前半、先発・秋元の踏ん張りもあって互角に戦ったが、力尽きた。

球に体が反応

 ○…英明は1年生の4番がきっちり仕事をした。一回1死一、二塁で左打席に池本生選手。「変化球に体が反応した」と、ややバットの下側でこすりながらも右前に先制打を放った。六回には打線に火を付ける左越えの適時二塁打も。それでもチームの主砲は不満なようで、「二塁打は風。完全に捉えた打席は一つもなかった」。初めての四国大会で「緊張があったのかも」と自己分析し、「経験したので、あすからは大丈夫」と最後は力強かった。

 【高知市営球場】

小松

  001000014=6

  000000002=2

鳴門渦潮

 (小)越智、古本―森井

 (鳴)日裏、河村―佐藤

▽二塁打 西田(小)河村、高木(鳴)

 小松は三回、4番・赤尾の適時打で先制。九回には4連打で突き放した。越智、古本の継投で八回まで得点を許さなかった。鳴門渦潮は九回2死から下位打線で一矢報いたが、三、六回の好機を逃したのが響いた。

高知

  000002000=2

  12000011×=5

高松商

 (高)森木―吉岡

 (松)徳田―山崎

▽三塁打 田野岡(高)

▽二塁打 山崎(松)

 高松商が11安打を放って試合を優位に進めた。一回、安藤の適時打で先制。二回も連続適時打で追加点を挙げ勢いに乗った。高知は六回に田野岡の2点三塁打で1点差までつめよるも、その後は淡泊な攻撃に終わった。

あわせて読みたい