メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル、スーダンとも国交 トランプ氏、合意の成果誇示

8月、イスラエルとの国交正常化合意を前にポンペオ米国務長官(左)と会談したスーダンのブルハン統治評議会議長=スーダンの首都ハルツームで2020年8月25日、AP

 トランプ米大統領は23日、米国の仲介でイスラエルとスーダンが国交正常化に合意したと発表した。1948年のイスラエル建国以来、対立してきたアラブ諸国でイスラエルとの国交正常化に踏み切るのはこれで5カ国目。トランプ氏はこれに先立つ22日、スーダンのテロ支援国家指定を解除する意向を議会に通告した。11月3日の米大統領選を前に、トランプ氏は「仲介者」としての外交実績をアピールする考えだ。

 トランプ氏とイスラエルのネタニヤフ首相、スーダンを共同統治する文民のハムドク首相と軍部のブルハン統治評議会議長が23日の電話協議で合意に達した。両国はまず農業技術協力などから徐々に関係を深める。正式な国交樹立はスーダンの議会の承認後となる。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  2. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 東陽町駅で視覚障害者の男性が転落し死亡 ホームドアは稼働開始前 東京メトロ

  5. JR東日本vsホンダ熊本 第8日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです