連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

中曽根元首相の葬儀に巨額の税金 時代錯誤、ずらーっと「儀仗兵」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 中曽根康弘元首相の葬儀が行われた。内閣と自民党の合同葬という、公私混同の一大セレモニーに1億円近い税金が投入され、多くの反対の声が上がる中、強行された。政権を取っているからといって、一政党と内閣が合同でイベントを行うという違和感と、そこに巨額の公金が流用されるという事態に、国民はただ見せつけられるだけというあしき前例が残されてしまった。

 さらには、政府から全国の国立大学に対して弔意を要求するという異常なことも行われた。権力がその力関係によって内心の自由まで侵すという憲法違反を行ったが、納得のいく説明はない。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1508文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集