首相、北海道と東北6県の自民幹部とリモート対話「地方が元気にならなければ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉首相=喜屋武真之介撮影
菅義偉首相=喜屋武真之介撮影

 菅義偉首相(自民党総裁)は25日、北海道と東北6県の党道県連役員とのリモート対話集会(テレビ会議)に参加した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う初の試み。次期衆院選をにらみ、地方の声を聞いて連携を強化する狙いがある。

 首相は東京・永田町の党本部から参加。冒頭のあいさつで「地方が元気にならなければ国…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集