メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目

サムスン「中興の祖」李健熙氏、平昌五輪誘致にも尽力 背任罪で在宅起訴も

サムスン電子の李健熙会長=AP

 韓国最大の財閥、サムスングループを長年率いた李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長が25日、ソウル市内の病院で死去した。78歳。グループを率いた四半世紀で規模を約40倍に成長させるなど世界的な企業に育てる功績を残した。ただし2014年5月に急性心筋梗塞(こうそく)で倒れて以来、一線から退いており、経営に大きな影響はないとみられる。

 李会長はサムスン創業者、故李秉喆(イビョンチョル)氏の三男。早稲田大第1商学部(現・商学部)を卒業して米ジョージ・ワシントン大経営大学院を修了。グループの副会長を経て1987年、李秉喆氏の死去に伴いグループ会長に就いた。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです