メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

核兵器禁止条約の批准手続きを終えたことを報告するホンジュラスのロサレス外相の投稿=ツイッターから

 核兵器禁止条約を50番目に批准したのは中米の小さな国・ホンジュラスだった。批准した24日は国連創設から75周年の節目。ロサレス外相はこの日の朝に「(ホンジュラスを含めた原加盟国による)国連憲章の署名から75年。平和と安全、発展を支えるという目的を達成するために、引き続き努力する」とツイートしていた。

 条約を批准した国・地域は島国や小さな国が多い。ホンジュラスも、面積は約11万平方キロで日本の約3分の1。人口も約974万人で日本の約100分の8だ。麻薬犯罪組織の抗争などで治安も悪く、移民として豊かな米国を目指す人も多い。こうした小さな国は大国の「エゴ」に翻弄(ほんろう)されてきたが、賛成国の数を積み上げることで、核廃絶への決意を条約発効という形で示した。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです