希少価値ある銘木の魅力知って 原木の良さ生かし端材販売 奈良・黒滝村

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「銘木の良さを知ってほしい」と話す徳田銘木の徳田博久さん=奈良県黒滝村御吉野で2020年10月7日午前11時、高田房二郎撮影
「銘木の良さを知ってほしい」と話す徳田銘木の徳田博久さん=奈良県黒滝村御吉野で2020年10月7日午前11時、高田房二郎撮影

 高級木材の吉野杉や吉野ヒノキをはじめ多様な樹種の材木を製造販売する奈良県黒滝村御吉野の「徳田銘木」(徳田浩社長)が、銘木の端材を販売する「自然木の店」を同社敷地内にオープンした。【高田房二郎】

 銘木は形や色、木目、材質の珍しさから、茶室や床の間、数寄屋建築などに使われる希少価値のある用材。同社は、自然がつくりだした原木の良さを生かそうと、枝ぶりなど元の形をできるだけ変えず、樹皮をは…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

ニュース特集