メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

インタビューに答える高田明さん=東京都港区で2018年8月24日、武市公孝撮影

 史上初めて核兵器を違法と定めた核兵器禁止条約(2017年採択)を批准した国・地域が50に達し、来年1月に発効することになった。しかしながら、核兵器保有国や日本をはじめとした核の傘の下にある国は賛同しておらず、発効しても実効性を担保できるかが課題となっている。そんな中、意外な人が「このままでは、核兵器を本当になくすことはできない」と問題提起した。通販大手「ジャパネットたかた」の創業者、高田明さん(71)だ。テレビショッピングから引退した後、長崎県のJリーグチームの社長となり「平和」の発信に取り組んできた。そんな高田さんから見た核兵器廃絶運動のあり方とは。【牧野宏美/統合デジタル取材センター】

「私が核軍縮の取材を受けるなんて…」

 「自分がこんな取材受けるなんて、不思議なんですよね」

 ジャパネットたかたの本社がある長崎県佐世保市のオフィスで、白いシャツ姿でオンライン取材に応じた高田さん。パソコン画面の向こうで、本気とも冗談ともつかない口調でこう漏らした。だが、テレビショッピングでのハイテンションなあの甲高い声とは違い、落ち着いたトーンだ。

 「これまで何十年も自身の体験を語り続けた被爆者や、署名活動などを地道にやってきた高校生たちには敬意を表したいと思っています。運動をしているわけではない私が、何か口をはさむのも申し訳ないんだけど、長年会社を経営してきた立場から気付いたことを伝えられればと思いまして」と慎重に話し始めた。

 そもそも、高田さんに取材を申し込んだ経緯を説明したい。

 高田さんは1986年に「株式会社たかた」(後に「ジャパネットたかた」に変更)を創業した。テレビショッピングでMCを務めて人気を博し、業績は急上昇。売り上げ1500億円規模の大企業に育てた。2015年に社長を退任。17年から20年初めまで、長崎を本拠地とするサッカーJ2「V・ファーレン長崎」の社長を務めた。そこで「愛と平和と一生懸命」というキャッチフレーズを掲げ、被爆地のチームとしてサッカーを通じた平和の発信に力を入れた。国連が定める「核兵器廃絶国際デー」の今年9月26日には、活動を知った学生から依頼を受け、NGOと国連広報センターが共催するシンポジウムで基調講演した。

 失礼ながら、テレビショッピングのイメージが強すぎるせいか、あの高田さんが核軍縮に関心を持っていたとは……と記者は驚いた。そこで、平和の発信にこだわる理由を直接聞きたくなった、というわけだ。

サッカーチーム運営機に平和発信の義務を意識

 生まれ育ったのは長崎県平戸市。原爆が投下された長崎市から北に約100キロ離れている。叔父は長崎市内の工場で働いていて被爆したと記憶しているが、体験を詳しく聞いたことはない。今も印象に残っているのは、中学生の時。女性教…

この記事は有料記事です。

残り3388文字(全文4546文字)

牧野宏美

2001年入社。広島支局、大阪社会部、東京社会部などを経て19年5月から統合デジタル取材センター。広島では平和報道、社会部では経済事件や裁判などを担当した。障害者や貧困の問題にも関心がある。温泉とミニシアター系の映画が好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです