メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

その情報、大丈夫?=永山悦子

 隣に座る同僚をスマートフォンで撮ると、その写真の顔が突然しゃべりだした。誰の顔でも「乗っ取れる」人工知能(AI)を使う動画作成アプリの仕業だ。「リアルタイムで写真や動画の顔を思い通りの表情にできます」と、開発したベンチャー「EmbodyMe」の吉田一星(いっせい)社長。トランプ大統領もあのモナリザの絵も、吉田さんが話す表情通りに動かせる。

 乗っ取る人の表情の特徴などを事前に読み込ませる必要はなく、その場で撮影した写真や動画にすぐに使えるのが特徴だ。従来のコンピューターグラフィックス(CG)で作ろうとすれば、かなりの手間と費用が必要だった。吉田さんは「新しいコミュニケーションツールとして『面白い』と思って使ってもらえれば」。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです