メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

川上弘美さん(作家) 時空を旅し、愛を知る女性 「伊勢物語」モチーフ、『三度目の恋』刊行

川上弘美さん=中央公論新社提供

 現代、江戸、平安――。三つの時代で「伊勢物語」が変奏する。作家、川上弘美さんの『三度目の恋』(中央公論新社)は、平安時代の歌物語「伊勢物語」をモチーフにした長編小説。現代の女性、梨子(りこ)が夢の世界を通じて時空を超えて行き来し、各時代で歌物語の主人公とされる「在原業平」らしき男と出会う。1000年以上前の古典文学を、現代の恋愛小説としてよみがえらせた。

 川上さんは日本文学全集(河出書房新社)のなかで、「伊勢物語」を現代語訳した(2016年刊)。「業平というと、色好み、たくさんの女性と浮名を流した男と思ってしまいますが、仕事や主君、男友達との関係など、そうじゃない業平も出てくる。人生の多面的なことを書いているのが面白かったですね」。以前にも伊勢物語に準拠した短編を書いたことがあった。それでも、ある疑問が残ったという。「ここには恋愛の原形がある、と…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです