メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 劇団クラスター、対策限界 やれることやったのになぜ…マスク着用、消毒も徹底

劇団「ミュージカル座」が入る雑居ビル=さいたま市浦和区常盤9で2020年10月19日午前9時26分、中川友希撮影

 さいたま市浦和区の劇団「ミュージカル座」で74人が新型コロナウイルスに感染した。稽古(けいこ)場ではマスク着用や消毒が徹底され、専門家も「やれることはやっていた」と評価している。そんな現場で出演者ら91人の8割を超える大規模なクラスター(感染者集団)はなぜ発生したのか。取材を進めて経緯を探ると、劇団ならではの対策の難しさも見えてきた。【大平明日香】

 ミュージカル座は1995年設立のミュージカル専門劇団で、一般向けの体験教室なども開いている。太平洋戦争の沖縄戦の悲劇を描いた代表作「ひめゆり」を96年から公演しており、今年も10月20~25日、彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)で公演予定だった。稽古に参加した劇団員は14人で、残りは他の劇団などからオーディションで集めた俳優。集団感染は、この公演に向けた稽古場で起きた。

この記事は有料記事です。

残り2104文字(全文2468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです