メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

靴ひも(2018年、イスラエル) どう生まれても人は等しく

 イスラエル映画と聞くと、パレスチナとの対立やユダヤ教など、どこか「遠い世界」をイメージする方も多いかもしれません。しかし映し出されるのはどこにでもある家族の物語。どこに生まれても人間に変わりはないと改めて確認させられる思いです。

 発達障害があるガディ(ネボ・キムヒ)は事故で母を亡くし、30年ぶりに父(ドブ・グリックマン)と暮らすことに。ガディは障害を理由に自分と母を捨てた父に反発し、父もまた息子との接し方に戸惑います。ぶつかり合う二人がようやく打ち解けた頃、父…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです