秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 石橋コールド負け 国学院栃木、あす2回戦 /栃木

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大相模-石橋】三回裏石橋1死、斎藤が右越えに三塁打を放ちチャンスを作る=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、玉井滉大撮影 拡大
【東海大相模-石橋】三回裏石橋1死、斎藤が右越えに三塁打を放ちチャンスを作る=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、玉井滉大撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は25日、千葉県柏市の柏の葉公園野球場などで1回戦4試合が行われた。秋季県大会準優勝の石橋は東海大相模(神奈川1位)と対戦し、0―7の七回コールドで敗れた。

 27日は同球場で、国学院栃木が昨秋の関東大会を制した健大高崎(群馬1位)との2回戦に臨む。【玉井滉大】

逸機と守備乱れ

 <柏の葉公園野球場>

 ▽1回戦

東海大相模

  1000330=7

  0000000=0

石橋

 (七回コールド)

 東海大相模は一回、門馬の適時打で先制すると、五、六回は足を絡めた攻撃で追加点を挙げ、石橋を突き放した。先発石田は6回を10奪三振と好投。石橋は、主戦篠崎が粘投したが、序盤の逸機と守備の乱れが響いた。

強豪の重圧にも手応え

 石橋は中盤まで互角以上の戦いを見せたが、東海大相模の「アグレッシブベースボール」の前に屈した。

粘りの投球を見せた石橋の先発篠崎=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、玉井滉大撮影 拡大
粘りの投球を見せた石橋の先発篠崎=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、玉井滉大撮影

 先発の篠崎晃成(2年)は一回に先制を許すも、二回以降はシンカーやカーブなど緩い変化球をコーナーに集め、強力打線を相手に打たせて取る投球を存分に展開した。

 しかし回を追うごとに選手たちが感じていたのは、重圧だった。「相模の選手は全員足が速く、一人一人がかけるプレッシャーがすごかった」(福田博之監督)。「常に『行くぞ、行くぞ』という構えを見せ、先の塁を狙う意識が全然違った」(小林到主将)

 積極的な走塁に神経をすり減らす中、五回ついに守備がほころび3失点。六回には無死一塁から3者連続でセーフティーバントを決められるなど、足を絡めた攻撃で3点を奪われた。篠崎は「小技には気をつけていたが、自分のフィールディングの悪さが出た」と唇をかむ。

 それでも中盤までは接戦を展開し、打線は全国屈指の好左腕・石田隼都(2年)から何度も走者を出し、粘りを見せた。福田監督は「篠崎は本当によく投げた。全国で1、2番のチームの強さを体感でき、自分たちの良いところも出せた」と選手をたたえた。

 「行動の早さやバントなど見習う面がたくさんあった。途中までは通用したので、自信に変えたい」と小林主将。強豪との一戦を経て更なる成長を誓った。【玉井滉大】

 <柏の葉公園野球場>

 ▽同

東海大甲府

  102001031=8

  000001000=1

細田学園

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽1回戦

鎌倉学園

  001034120=11

  013030000=7

昌平

 ▽同

専大松戸

  010000034=8

  000000000=0

鹿島学園

あわせて読みたい