秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 専大松戸が快勝 木更津総合あす常総学院戦 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【専大松戸-鹿島学園】九回表専大松戸2死一、二塁でダメ押しの適時打を放つ山口=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月25日、長沼辰哉撮影 拡大
【専大松戸-鹿島学園】九回表専大松戸2死一、二塁でダメ押しの適時打を放つ山口=千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで2020年10月25日、長沼辰哉撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は25日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムなどで1回戦4試合が行われた。専大松戸(千葉3位)は鹿島学園(茨城1位)に快勝し、大会初勝利を挙げ、8強に駒を進めた。27日は2回戦4試合があり、専大松戸は鎌倉学園(神奈川2位)と、シード校の木更津総合(千葉1位)は常総学院(茨城2位)と対戦する。【長沼辰哉】

終盤突き放す

 <ZOZOマリンスタジアム>

 ▽1回戦

専大松戸

  010000034=8

  000000000=0

鹿島学園

 専大松戸は二回に先制すると、八回一死満塁では、奥田の遊ゴロが悪送球を誘い、走者2人が生還してリードを広げた。九回は山口の適時打などで4点を加え、突き放した。鹿島学園は好投に翻弄(ほんろう)され三塁を踏めなかった。


専大松戸・深沢鳳介投手(2年)=千葉市美浜区美浜のZOZOマリンスタジアムで2020年10月25日、長沼辰哉撮影 拡大
専大松戸・深沢鳳介投手(2年)=千葉市美浜区美浜のZOZOマリンスタジアムで2020年10月25日、長沼辰哉撮影

 ■ズーム

練習の成果発揮し完封 専大松戸・深沢鳳介投手(2年)

 八回裏2死一、二塁。1本出れば1点差に詰め寄られる場面の勝負どころ。打席には一回の先頭打者でフェンス直撃の長打を放った羽鳥が立った。「(初回のように)甘いところに投げないように」と心を落ち着かせ、内野ゴロに打ち取りピンチをしのいだ。茨城県大会で優勝した相手打線を5安打に抑え、完封勝利を果たした。

 関東大会には県第3代表として出場。「(出場校では)一番下だという意識を持たないといけない」と、大会前の練習に励んだ。県大会では制球が定まらず、投球数が多くなったため、フォームを崩さないよう意識し、バランスボールの上に片足で立つトレーニングなども行った。その成果はこの試合で発揮され、四死球を出すことはなく、有利なカウントに持ち込み、緩いカーブで空振りを誘って七つの三振を奪った。

 試合後、冷静に試合を振り返った後、「今大会は全部投げるつもりでいきたい」と表情を引き締めていた。【長沼辰哉】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい