秋季高校野球

秋季関東地区高校野球大会 東海大甲府が8強 あす東海大相模戦 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【東海大甲府-細田学園】三回表東海大甲府無死三塁、久井の右前適時打で2点目のホームを踏み、中沢(背番号6)と喜ぶ木下凌=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、上鵜瀬浄撮影 拡大
【東海大甲府-細田学園】三回表東海大甲府無死三塁、久井の右前適時打で2点目のホームを踏み、中沢(背番号6)と喜ぶ木下凌=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、上鵜瀬浄撮影

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は25日、千葉県柏市の柏の葉公園野球場などで1回戦残り4試合が行われた。山梨1位で2年ぶり20回目出場の東海大甲府は初出場の細田学園(埼玉2位)を8―1で降し、5年ぶりに初戦を突破した。

 東海大甲府は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでの2回戦第1試合(午前10時半開始)で東海大相模(神奈川1位)と対戦する。【上鵜瀬浄】

守りのミスつく

 <柏の葉公園野球場>

 ▽1回戦

東海大甲府

  102001031=8

  000001000=1

細田学園

 東海大甲府は一回、猪ノ口の適時三塁打で先制した。三回は久井の適時打と相手失策で、六回には猪ノ口の犠飛で追加点を奪った。細田学園は六回に福垣の適時打で1点を返したものの、守りのミスが失点につながった。


東海大甲府・若山恵斗投手(2年)=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、上鵜瀬浄撮影 拡大
東海大甲府・若山恵斗投手(2年)=千葉県柏市の柏の葉公園野球場で2020年10月25日、上鵜瀬浄撮影

 ■ズーム

けん制でピンチの芽、摘む 東海大甲府・若山恵斗投手(2年)

 10三振を奪った上に無四球で完投した。投球内容とともに巧みなけん制とフィールディングの良さが光った。

 1点をもらった直後の一回、先頭の二塁打をきっかけに1死三塁のピンチを招く。「点を許さなければいい。抑え込むタイプじゃない」。内角直球にスローカーブ、チェンジアップを交えて連続三振を奪い、波に乗った。

 けん制で一塁走者を3度刺した。二、三回は1死から安打を許した後にピンチの芽を摘んだ。六回は適時打の直後と、追加点を許さない。けん制のうまい控えの左腕・加藤と鏡を見ながら研究したといい、その成果を存分に披露した。

 さらに五回はライナーを好捕した。九回1死一塁からボテボテのゴロを判断良く二塁でアウトにした。捕手で主将の三浦は「状況判断よく、修正能力も高い。心配していなかった」と信頼する。

 118球を投げ1失点のエースを、村中監督は「スタミナ十分だから後半よくなった」と褒めた。【上鵜瀬浄】


高校野球テレホンガイド

 0180・99・1889

 毎日新聞は、試合結果のテレホンガイドを開設しています。

あわせて読みたい