秋季高校野球

秋季東海地区高校野球大会 中京大中京、圧勝 東邦、至学館コールド負け /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【海星-中京大中京】五回裏中京大中京2死二、三塁、右越え3点本塁打を放ち生還する辻(右)=三重県四日市市の市営霞ケ浦球場で2020年10月25日、川瀬慎一朗撮影 拡大
【海星-中京大中京】五回裏中京大中京2死二、三塁、右越え3点本塁打を放ち生還する辻(右)=三重県四日市市の市営霞ケ浦球場で2020年10月25日、川瀬慎一朗撮影

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高野連主催、毎日新聞社など後援)は25日、三重県内の2球場で2回戦4試合が行われた。県勢は中京大中京(愛知1位)が海星(三重3位)にコールド勝ちした。伊勢市のダイムスタジアム伊勢で31日に行われる準決勝で三重(三重1位)と対戦する。東邦(愛知2位)は県岐阜商(岐阜1位)に、至学館(愛知3位)は三重にそれぞれコールド負けした。【川瀬慎一朗】

中京、三回に先制

 <四日市市営霞ケ浦球場>

 ▽2回戦

海星    0000000=0

中京大中京 002140×=7

 (七回コールド)

 (海)山崎―加藤

 (中)柴田―加藤

▽本塁打 細江、辻(中)

▽二塁打 山崎(海)

 中京大中京は三回に桑垣の適時打で2点先制。五回には細江が左越え本塁打を放つと、杉浦、桑垣が安打を重ね、辻の右越え3点本塁打で突き放した。先発・柴田は8奪三振で七回を零封。海星は一回1死一、二塁の先制機を生かせなかった。

【東邦-県岐阜商】四回表東邦1死一塁、内田が左前安打を放つ=三重県四日市市の市営霞ケ浦球場で2020年10月25日、川瀬慎一朗撮影 拡大
【東邦-県岐阜商】四回表東邦1死一塁、内田が左前安打を放つ=三重県四日市市の市営霞ケ浦球場で2020年10月25日、川瀬慎一朗撮影

東邦、好機逃す

 ▽同

東邦   00000000=0

県岐阜商 10001023=7

 (八回コールド)

 (東)知崎―落合

 (県)野崎―高木

▽三塁打 中西(県)

▽二塁打 野崎、中西、山本、宇佐美(県)

 東邦は四回に三浦、金森、内田が3者連続で安打を放つが本塁を踏めないなど、要所を締められ8残塁。県岐阜商は一回に三塁打の中西を高木が右前打で返し先制。七、八回には計6安打で点差を大きく広げた。

至学館、力及ばず

 <ダイムスタジアム伊勢>

 ▽2回戦

至学館 00000000=0

三重  05001001=7

 (八回コールド)

 (至)石川、清水、古田、山本、小谷、石川―山岡聖

 (三)近藤、尾崎―服部

▽三塁打 池田、佐脇(三)

▽二塁打 宝田、品川(三)

 至学館は力の差を見せつけられコールド負けした。先発・石川は二回、相手打線につかまり5失点。打線も7安打を放つが散発に終わった。三重は二回に池田の三塁打など6安打を集中させ、序盤で大きくリードした。

あわせて読みたい