秋の高校野球

秋季四国地区高校野球大会 県勢3代表、粘るも敗退 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【寒川-小松】一回裏小松2死一塁、赤尾の左翼線二塁打で本塁を狙った下迫を、寒川は見事な中継プレーで刺す。捕手・青木=高知市の高知県立春野球場で、山口敬人撮影 拡大
【寒川-小松】一回裏小松2死一塁、赤尾の左翼線二塁打で本塁を狙った下迫を、寒川は見事な中継プレーで刺す。捕手・青木=高知市の高知県立春野球場で、山口敬人撮影

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は25日、高知市の高知県立春野球場などで準々決勝4試合があり、4強が出そろった。小松(愛媛3位)は寒川(香川1位)との接戦を制し、聖カタリナ学園(愛媛1位)は終盤の好機をものにし高松商(香川3位)を降した。鳴門(徳島1位)は先制攻撃で主導権を握って高知中央(高知3位)を破り、明徳義塾(高知1位)は投打がかみ合い英明(香川2位)に快勝した。準決勝は31日に同球場で行われる。【北村栞、山口敬人】

寒川、有効打なく

 ▽準々決勝

 【高知県立春野球場】

寒川 011000000=2

小松 00020100×=3

 (寒)松岡-青木

 (小)越智、古本-森井

▽本塁打 谷頭(小)

▽二塁打 青木、市川(寒)赤尾(小)

 2点を追う小松は四回1死一塁で、谷頭が左越えに同点本塁打。六回は1死二塁から森井が右前に決勝適時打を放ち、2番手・古本の好投で逃げ切った。寒川は10安打を放ちながら、13残塁と有効打が出なかった。

高松商、満塁で凡退

高松商

  000000100=1

  01000003×=4

聖カタリナ学園

 (高)徳田、渡辺-山崎

 (聖)桜井-石川

▽三塁打 桜井(聖)

▽二塁打 堀越(聖)

【高松商-聖カタリナ学園】四回裏聖カタリナ学園1死一、三塁、高松商は一ゴロで本塁に突入した川口を堅守でタッチアウトに。捕手は山崎=高知市の高知県立春野球場で、山口敬人撮影 拡大
【高松商-聖カタリナ学園】四回裏聖カタリナ学園1死一、三塁、高松商は一ゴロで本塁に突入した川口を堅守でタッチアウトに。捕手は山崎=高知市の高知県立春野球場で、山口敬人撮影

 聖カタリナ学園は八回に堀越の適時二塁打で勝ち越し、さらに上田のスクイズ(記録は安打)などでだめ押しした。桜井は低めに球を集め、1失点完投。高松商は七回に押し出し死球で追い付いたが、なお続いた満塁で後続が倒れた。

 【高知市営球場】

鳴門

  500020010=8

  200001100=4

高知中央

 (鳴)前田、冨田、杉山―団

 (高)板谷、吉岡―小松

▽二塁打 大塚、冨田、井川、藤中(鳴)八山(高)

 鳴門は一回、大塚の3点二塁打などで5点を先制し、一気に流れを引き寄せた。その後も攻撃を緩めず、投げては3人の継投で13安打を浴びるも要所を締めた。高知中央は何度も好機を作ったが、あと1本が出なかった。

英明、好投実らず

英明

  000000000=0

  01100030×=5

明徳義塾

 (英)石河―河野

 (明)代木―加藤

▽三塁打 代木(明)

▽二塁打 井上、山蔭(明)

【英明-明徳義塾】八回裏明徳義塾、英明の先発・石河が力投し、この回無安打に抑える=高知市大原町の高知市営球場で、北村栞撮影 拡大
【英明-明徳義塾】八回裏明徳義塾、英明の先発・石河が力投し、この回無安打に抑える=高知市大原町の高知市営球場で、北村栞撮影

 明徳義塾は二回に梅原の適時打で先制。七回、申告敬遠直後の代木が2点三塁打を放ち試合を決めた。投げては代木が被安打5、8奪三振で完封。英明は六回まで先発石河が2失点と粘ったが打線の援護がなかった。

あわせて読みたい