メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核禁条約批准 ホンジュラス「貢献」 国連創設75年の節目

 核兵器禁止条約を50番目に批准したのは中米の小さな国・ホンジュラスだった。批准した24日は国連創設から75周年の節目。ロサレス外相はこの日の朝に「(ホンジュラスを含めた原加盟国による)国連憲章の署名から75年。平和と安全、発展を支えるという目的を達成するために、引き続き努力する」とツイートしていた。

 条約を批准した国・地域は島国や小さな国が多い。ホンジュラスも、面積は約11万平方キロで日本の約3分の1。人口も約974万人で日本の約100分の8だ。麻薬犯罪組織の抗争などで治安も悪く、移民として豊かな米国を目指す人も多い。こうした小さな国は大国の「エゴ」に翻弄(ほんろう)されてきたが、賛成国の数を積み上げることで、核廃絶への決意を条約発効という形で示した。

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです