メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

大成建設/中 創業者のベンチャー精神継承

大倉喜八郎(1837~1928年)=大成建設提供

 <since 1873>

 トルコ・イスタンブールのヨーロッパ側とアジア側を結ぶボスポラス海峡横断地下鉄が2013年に開通した。最大水深は約60メートル。全長13・6キロのトンネル建設を担ったのは、この年、創業140年を迎えた大成建設だ。海底の「沈埋トンネル」は11のパーツを地上で完成させてから埋めて接合した。これに、シールドマシンで掘り進めたトンネルをつなぐ「世界初の試み」だった。

 「創業者の大倉喜八郎翁がベンチャー精神をもって数々の事業に挑戦したように、当社も国内外において持てる技術を結集して難工事に挑戦してきました」と話すのは、相川善郎・代表取締役社長。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文833文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです