メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

マネー編 ダブル厚生年金で“老後ゆとり” モデル世帯は専業主婦前提

 <くらしナビ ライフスタイル>

 老後不安は、働き盛りの子育て世代で目立つ。将来受け取れる年金水準が現在よりも大きく目減りするためだ。だが、夫婦で稼ぐ共働き世帯であれば、それほど不安に考える必要はない。

 ●30年後2割減試算

 日本FP協会が2018年、20~70代の約1200人(有効回答数)に行った調査では、老後の暮らしが「不安」とした人は74%。年代別で最も高いのは30代の85%で40代の84%が次ぐ。働き盛りの子育て世代だ。

 この背景には公的年金への不信があるだろう。政府は年金制度の持続性をみる「財政検証」を5年に1度行っている。直近の19年検証は、経済が好調なケースでも「約30年後の年金水準は2割減」という見通しになった。30~40代の引退時期にあたり、重く受け止めるのは当然だ。だが、この「2割減」を考えるうえで注意したい点がある。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文2047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです