メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生100年クラブ

マネー編 ダブル厚生年金で“老後ゆとり” モデル世帯は専業主婦前提

 <くらしナビ ライフスタイル>

 老後不安は、働き盛りの子育て世代で目立つ。将来受け取れる年金水準が現在よりも大きく目減りするためだ。だが、夫婦で稼ぐ共働き世帯であれば、それほど不安に考える必要はない。

 ●30年後2割減試算

 日本FP協会が2018年、20~70代の約1200人(有効回答数)に行った調査では、老後の暮らしが「不安」とした人は74%。年代別で最も高いのは30代の85%で40代の84%が次ぐ。働き盛りの子育て世代だ。

 この背景には公的年金への不信があるだろう。政府は年金制度の持続性をみる「財政検証」を5年に1度行っている。直近の19年検証は、経済が好調なケースでも「約30年後の年金水準は2割減」という見通しになった。30~40代の引退時期にあたり、重く受け止めるのは当然だ。だが、この「2割減」を考えるうえで注意したい点がある。

この記事は有料記事です。

残り1673文字(全文2047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです