メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ アフリカの平和願い 東京大大学院総合文化研究科准教授・阪本拓人さん

東京大大学院総合文化研究科准教授・阪本拓人(さかもと・たくと)さん

 サハラ砂漠南縁部のサヘル地域では、人口急増や砂漠化により牧畜民と農耕民の間で紛争が深刻化している。その分析にMAS(マルチ・エージェント・シミュレーション)という手法を用いる。

 MASはさまざまな環境を設定して相互作用させる模擬実験によってどのような現象が起きるかを予想するもので、社会現象や自然現象をモデル化する手法として注目されている。大学院時代の指導教官の勧めで博士課程の頃に始めた。「牧畜民を想定し、現地の気候条件や植生、家畜数、放牧ルートなどリアルな…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです