メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
@大学紙面から

@大学 AIで目指す人の相談対応 育児や学生窓口、大学で研究・開発進む

京都大の小山田耕二研究室が開発した「ほっこりAI」の画面イメージ=

 大学で人工知能(AI)を使ったサービスの研究・開発が進んでいる。その一つが、あらかじめQ&Aを覚え込ませ、やりとりしているうちにAIが学習する自動対話システム「チャットボット」だ。

チャットボットで

 京都大学術情報メディアセンターの小山田(こやまだ)耕二教授の研究室は、昨年11月から、気軽に相談できる人が身近にいない母親らの支援策として、「ほっこりーのプラス」(東京都)と共同でAIチャットボットを使った相談サービスを運営している。

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」にAIチャットボットの機能を組み込んだアカウント「ほっこりAI(ID=@qxf0029c)」を開設し、利用者が子育てに関する相談を書き込むと、適切な回答が自動的に表示される。小山田教授は「子育てに関する悩みは多岐にわたる。得られたデータを基にさまざまな工夫をして満足度の向上を図っていきたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです