メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
続・リモコンの片隅から

BS12トゥエルビ なぜ吾郎は左投げに?

「劇場版MAJOR 友情の一球」のイメージカット ©2008 満田拓也/劇場版「MAJOR」製作委員会

 「“おとさん”(父)のようなすごいピッチャーになる!」。そんな野球少年、吾郎が主人公の人気アニメ「MAJOR」をご存じだろうか? 週刊少年サンデーで1994年から続く満田拓也のロングセラー漫画が原作。シリーズ累計発行部数は5400万部(今年9月現在)を突破した。2004年からテレビ放送され、大ヒットした作品だ。

 ダイナミックな野球シーン、ライバルの登場、友を信じて困難に立ち向かう少年・吾郎の姿を描き、幅広い層に長く愛されている。シリーズの中で、吾郎が福岡に移り、その後中学生になり神奈川に戻ってくるのだが、その際、右投げが左投げに変わっている。原作でも描かれていなかった空白の福岡時代。「なぜ吾郎は左投げになったのか?」を描いた「劇場版MAJOR 友情の一球(ウイニングショット)」を、11月1日(日)午後7…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. 米次期広報幹部、全て女性に 大統領報道官にサキ氏 政権移行チーム

  4. ヤマハvsNTT東日本 第9日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  5. 合言葉は「伝説を作ろう」 ”四国勢”で勝ち取った8強 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです